スポンサーリンク


目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

« 北茨城沖でヒラメ釣り 2023 其の二 | トップページ | 筑波サーキットに行ってきた »

2023年10月28日 (土曜日)

上総湊でハゼ釣り 2023

ちょっと前に、白狐川でハゼ釣りをやった帰り道。
湊川にかかる橋を渡った時、釣り人がいたんです。割と多めに。
ここ数年ハゼはあまり釣れないので、全員シーバス狙いかとも思ったんだけど、ひょっとしたらハゼ狙いもいたかもしれない。


そんなモヤモヤを解消すべく、
「なかぱんのピーナッツクリーム買ってくる」
と、家族に言い残して、謎解きに出かけました。


Imgp0004_20231028171901
イソメ30グラム。針はやや大きめ。基本のべ竿。


Imgp0009_20231028172001
カワハギ船でしょうか。今好調ですよね^^


ここ、上総湊ハゼの特徴として、何故か朝薄暗いうちはダメなんですよ。
陽が昇りだし、釣り船が港から出ていって、ちょっと経った辺りからじゃないと釣れません。
釣り船のエンジンの音がハゼ達の目覚ましなのかな。


というワケで、予想通り8時位からポツポツあたりだしました。


Imgp0010_20231028172501
あ、釣れた。


Imgp0017_20231028172501
まずまずサイズのウロハゼですね~。


Imgp0020_20231028172601
重い!


Imgp0021_20231028172601
18センチのウロハゼ!


Imgp0023_20231028172601
朝一は殆どウロハゼ。


我が家では、ハゼは天ぷらかオリーブオイル煮(オイルサーディンのハゼバージョン)の2拓なので、細かい味の違いは判らないのですが、
ウロハゼの方が珍しい印象があります。
なので、個人的な価値観は同じかな。


気付けば、港はハゼ釣りフリークで賑わっていました。
今期は釣れている証拠ですね~。
私の釣果も、ここまでまずまずデス!


Imgp0035_20231028173401
陽が昇るにつれて、釣れる魚はマハゼに移行。


Imgp0033_20231028173501
ロウハゼより細長くて、模様が曖昧で、透明感があって、下あごが出ていなくて、ヌメリが弱い、と思う。


大分潮が引いてきたので、
湊川も偵察。


Imgp0028_20231028173801
湊川の橋げた付近のポイントは、ある程度潮が引かないとダメなんです。そして長靴あった方がいい。


Imgp0031_20231028173801
フグの猛攻でした。


10時過ぎ。イソメはまだ4匹余っていたけど、潮止まり時間ということで、湾内はもうダメですね~、ということで潔くおしまい。
十分です。


Imgp0046_20231028174201
写りが悪いので、


20231028152525_p
帰宅後パシリ。ウロハゼ7、マハゼ12の19匹。


全体的に小型が多かったので、まだまだシーズンは続くのかな。
でも……こればっかりは最近予測不能なんです。
早く終わったりロングランだったり。
涸沼も今年好調だと思ったら、先週から下火らしいし。


兎にも角にも、
上総湊でこれだけ釣れれば御の字。


20231008093425_p_20231028174901
このピーナッツクリームが我が家で大人気なんです^^


20231028104459_p
一応これも。


20231028122455_p
私は千葉二郎。


この方面のハゼは、また来年ですね~。


 


 


 

« 北茨城沖でヒラメ釣り 2023 其の二 | トップページ | 筑波サーキットに行ってきた »

つり ハゼ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北茨城沖でヒラメ釣り 2023 其の二 | トップページ | 筑波サーキットに行ってきた »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー