スポンサーリンク


目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

« 鴨川沖でベニアコウ釣り 2017 | トップページ | 千葉港でカレイ釣り2017 其の六 »

2017年12月30日 (土曜日)

伊勢屋のたいやき

時々無性に食べたいものといえば、ラーメンとかいなり寿司とか、先日食べたカツカレーとか。

等々。

誰しも経験する、時には発作に近いこの衝動。
こういう時にいただく一品は本当に本当に美味しいですよね。
そんな「時々無性に食べたいもの」。
私の中で発作率がもっとも高いものの1つといえば「たいやき」です。
今川焼きじゃだめです。
たいやきです。
一時期はやった白いやつとか、こだわりのモチモチ生地とか北海小豆使用とか、
そんなのはいりません。
カスタードクリームとかチョコクリームとか、
肉とか入った「おかずたいやき」なんて以っての外。
できたてアツアツも美味しいですが、家に持ち帰る間に紙袋の中でやや蒸されてしんなりなったやつもまた好き。
素朴な生地に程よい甘さの粒あん。
挟み焼にした時にあふれた生地がおまけにくっついてくる、量産の型(養殖というらしい)で作った120円位の1品が何だか恐ろしく好きです。
そういえば、食べ物に対して「恐ろしい」なんて表現を使ってしまうのは妹が結納の時に食べた鎌倉山のローストビーフ以来。
あれも恐ろしく美味しかった。
妹よ、また結納やってください。
Dsc_0411
ザ・たいやき!
Dsc_0446
伊勢屋蕨店。たいやきは11時頃から焼き始めるそうです。因みに本店は西川口東口。
自宅から歩いて5分。
蕨駅から歩いて10分。
そして戸田中央病院から歩いて40分。
たいやきは全般的に好きなのですが、
蕨駅前東口商店街の伊勢屋という、和菓子とかおにぎりとか売っているお店なんだけど、
家から近い事もあって、ここのたいやきを好んで買って食べています。
家族4人分、500円払っておつり20円。
もはや感想なんてありません。
尻尾から一口。
「・・・。」
生きてて良かった~、ってマジで思いました。
12月28日。
タダだからっていうんで秋に市の大腸がん検診受けたんだけど、これがまさかの陽性。
要精密検査。
なので直腸カメラをやってきました。
あの、お尻からカメラを入れるっていうやつ。
結果はポリープすらなく問題なかったんだけど、
(やや炎症みられこれが陽性の原因っぽい)
やっぱりダメですね。
日にちが近づくにつれ心配で心配で、ドクターXまともに見れない程弱気になってしまいました。
そしてその不安から解き放たれた直後、、
気づけばお腹ペコペコ!
正確にはペコペコの域通り過ぎてます。
もう、気持ち悪いほどに。
なんてったってお腹の中すっからかんですからね。
たいやき食べたい!
ああ、世界って素晴らしい。
スポンサ-リンク

« 鴨川沖でベニアコウ釣り 2017 | トップページ | 千葉港でカレイ釣り2017 其の六 »

地元のお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢屋のたいやき:

« 鴨川沖でベニアコウ釣り 2017 | トップページ | 千葉港でカレイ釣り2017 其の六 »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー